BLOG

ミカヅキモ

角材で棚作り

だいぶお久しぶりな感じになってしまいました。遥です。

SICFが終わり、私の方は少し仕事でばたついていました。
毎年この時期は、そういう感じになります。

6月はミカヅキモの展示もないのですが、7月に入るとまた展示が続くので、
今月は制作に追われそうです。

さて、表題にもあるのですが、先日SICFの時に搬入で使った角材が大量に転がっているので
それを使って棚を作りました。
これで、今まで段ボールに詰め込んであった材料が整理出来そうです。

部屋においてしばらくたつのですが、結構便利。気に入っています。

角材カット
ワンズに応援されながら、まずは骨となる角材をカット。

棚組み立て
背面に板(こちらもブースで使った板を再利用)を付けて、足にはキャスターも付けて出来上がり。
棚の板は、引き出し式。

棚設置
出来上がったので、いざ部屋に設置。サイズもピッタリです!!

category : 雑記 | コメントをどうぞ

制作と興味

怒涛の3連続の展示を終え、ほっと一息つきたいところですが、次の展示も控えております。が、ハルチンはウェブのお仕事で忙しく、私も制作費と生活費を稼ぐべくバイトの日々。

さて、私のバイトですが、もう6年以上経つでしょうか・・あまりに居心地の良い職場なので時が経つのも忘れます笑。6年もいるからには居心地の良いこと以外にも理由がありまして、それは私の興味のあることだからです。バッチフラワーレメディ、ってみなさんご存じでしょうか?イギリス発祥の代替医療なのですが、39種類あり、1種類を除いてすべて植物からできている液体です。何に良いのかと言えば、心に作用するものなのです。薬とは違うので説明が難しいところですが、その方の感情によって適したレメディが変わってきます。それを販売するお店で働かせ頂いているわけです。

お店には悩みを持ったお客様がいらっしゃり、お話をうかがって、その方に適したレメディを選びます。私は7、8年くらい前から代替医療に興味を持ち、呼吸法やヒーリングや芸術療法、箱庭療法、ボイスヒーリングにクリスタルヒーリング、ホメオパシーにオステオパシー、キネシオロジー、リバーシングなど、様々なものを体験したり勉強してみたりしてきましたが、自分が制作している抽象画とは全く別物と考えてきました。でもかといって自分は絵で何を表現しているのかを言い表せないもどかしさも抱えていました。

数年考え続けて、これってやっぱり私が興味を持ち続けてきた心や体を癒すことと関係あるなと思ったのでした。とりわけ精神について関心があるのですが、私が好きなアウトサイダーアートもアボリジニアートも精神や無意識と直結しているように感じられるし、アボリジニーたちの言うところのドリーミングという、言葉では説明できない次元にも興味があります。

そしてきっと自分もそういう次元を表現したくて絵を描いているのだなと思ったのでした。結局、抽象画になってしまうのは、エネルギーそのものを描いているからで、エネルギーというものは変化変容していくし、あらゆる情報を含んだものなので言葉にしたら膨大なものになってしまいます。

そんなわけで、私の興味と制作とかなり密接につながっている分野なので、気づいたら6年もいたのかなと思ったのでした笑。

category : 雑記 | コメントをどうぞ

expand -deep breathing- oil brend

遅くなりましたが、先日東銀座のペッパーズギャラリーにて開催いたしましたミカヅキモの展示第2弾「expand -deep breathing-」の際に会場で香らせていたアロマオイルのオリジナルブレンドのご紹介です。(会場ではquiさんが作ってくださった紹介文のプリントをそのまま展示していました。)

今回もterminalの時と同様、アロマセラピストのquiさんのお願いし、expand -deep breathing-というテーマで作っていただきました。

以下quiさんより。

‘expand’そして‘deep breathing’からイメージする「花」をテーマにした香り

“闇の中で白く発光するように咲く華”

それはまるで闇に沈み泥に眠る 蓮のような姿
自らが持っている光を純粋に暗闇の中で発行し続ける・・
そんな不動の静けさと強さを表す為にこの香りが出来ました

香りの核になるのは、聖書にも登場しイエスキリストとの関係の深い
芳香植物であるインド産のスパイクナード
呼吸を促し自ら再生しようとする力強さをフラゴニアで
邪を散じ、ハートを開くといわれているレモンで灯火のような明るさを添えました。

身体面でも、心臓と神経系に働きかけ心と魂に滋養を与えると言われているスパイクナード
深い部分から自分とつながり、今「在る」ことへの安心感を得られるように・・

以上の働きを期待して、この空間のためにブレンドした香りです。

Top→Middle→Base
レモン、グレープフルーツ、フラゴニア、ユーカリプタス、ナローリーフ、スパイクナード

Aromatherapist : qui

以上

terminalの時は光が差し込む明るい空間で、オレンジ系の華やかで明るい香りが印象的でしたが、ペッパーズギャラリーは地下の洞くつのような空間で、暗闇にすると花弁とドット光るような演出もしたので、その神秘的な生命の呼吸のイメージに合わせて、静かで深い香りになっていました。

quiさん自身もとても楽しんで作ってくださり、私はイメージを香りにするその才能に驚かされました。

expandという空間作品に更に魅力を与えてくださったquiさんに感謝です。

category : ミカヅキモ | 1件のコメント

SICF12終了!!

SICF12の授賞式が終わりました。残念ながら入賞ならずでしたが、展示3回目としては大きな収穫があったと思っています。

展示スペース、搬入時間、設置条件等、いろいろな縛りがあった分、四苦八苦してあらゆる努力をして、結果やりたいような展示が実現しました。

そして、他の出品者の方たちの作品を観て、お話を伺って、審査員の方たちの感想も伺って、今後自分たちが何を大事にして、どこへ向かっていきたいのかを考える機会をいただきました。

どんなに大きなことを思い描いても、日常の小さな自分の考えや感じることや選択の数々が作品をつくるので、またこつこつと積み重ねていきます。

次は6月のたんざく展。東銀座の八犬堂さんでの展示です。
この展示では、金丸と茂木がそれぞれ作品を出します!!

がんばるぞー

category : ミカヅキモ | コメントをどうぞ

SICF12、A日程終了です!

青山スパイラルホールでのSICF12、A日程で参加させていただいたミカヅキモの展示は無事終了いたしました!!(B日程は4、5日の11時~20時です。 )http://www.sicf.jp/entry/

今回は展示条件に様々な縛りがあったのですが、とにかく自分たちのやりたい形で思い切りexpandしたい。という思いが強かったので、周りの方たちを巻き込んで、大きな大きなサポートを受けて何とか実現しました。

私はアートイベント的なものに出品したことがないのでとても新鮮でした。たくさんのお客様と、アーティスト達と様々な交流ができる場で活気がありました。

expandシリーズ3回目としては、一番密度が出たのと同時に開いていく広がっていく空間と言うよりは、迫ってくるようなジャングルのような濃密な生命力を感じる空間になったような気がしました。

前回のペッパーズギャラリーでの洞窟のような空間とも、前々回のC-DEPOT terminalでの開けた明るい空間とも違って、作品は生き物であるということを再認識したのでした。

この生き物にどういう栄養を与えて、どういう環境で、どう育てていくのか。すくすくのびのびと育つように二人で頑張りたいです。

category : ミカヅキモ | コメントをどうぞ

WP SlimStat