BLOG

作成者別アーカイブ: moggy

moggy の紹介

絵を描いています。たくさんの色とドットを使います。それらはエネルギーを構成する要素の一つとして扱っており、それぞれが共鳴して広がっていく様を描いています。癒しに関するいろんなことを学んだり体験したりしてきました。自分が媒体となって生まれたものが誰かにとってポジティブな影響につながるといいなと思っています。

あけましておめでうございます

あけましておめでとうございます。気付けばもう5日。昨年はミカヅキモ抜きでは語れないくらいに、このユニットの活動のウェイトが大きく占める年になりました。気軽に始めたこの活動も、昨夏のC-DEPOTの出展者アンケートで印象に残った作品にミカヅキモの名前を挙げて下さった方が多く、たくさんの応援と励ましをいただいたと思います。

個人的には、昨年後半から天然石のお店とクリスタルヒーリングを始めて、癒しの仕事にも力を入れるようになりました。以前も書いたかもしれませんが、私にとって作品は作家のエネルギーやオーラそのものを表しているものなので、嘘や虚勢やエゴも隠しきれずに出てしまうものだと思っています。そして私が始めたクリスタルヒーリングは、クライアントのエネルギーをバランスの取れた状態に整えるためのもの。施術中はオーラの状態をリーディングするのですが、言葉では問題なさそうであっても、逆に大変そうであっても、オーラの状態はその人の素の状態を表わしていて、言葉とは逆の様子がみてとれることもしばしばです。

私にとっては制作もヒーリングも自分の在り方や状態がそのまま反映される媒体なので、自分に嘘がないことを大事にしています。

今年、ミカヅキモの活動がどんなものになるのか、まだ全く分かりません。去年は本当に何か大きなものに後押しされて、次々と活動をしてきたので、振り返る余裕もありませんでした。

言えるのは、やってみたい!というワクワクした気持ちがポジティブな結果を生んだことは確かだということ。きっと、結果を期待したり、打算があったらうまくいかなかっただろうと思います。

ただ、ワクワクを継続することは難しいことです。でも同時にミカヅキモにとってワクワクは要だとも思うので、その純粋でポジティブな気持ちで制作できるように努力したいというのが今の気持ちです。

今年もミカヅキモを温かく見守っていただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

ミカヅキモ 茂木

category : ミカヅキモ | コメントをどうぞ

植物、絵、石

さて、ハルチンがサマーソニックやRANDYの制作を頑張っている頃、私は前から好きだった石のお店を開き、石を使ったヒーリングを習いに通っておりました。

石、とは天然石のことで、ここ数年のスピリチュアルブーム的に言えばパワーストーンですが、鉱物と言うにはあまりにキレイだけれど宝石ほどに高価ではなく特別な加工もされていないものということで、私は石、とか天然石と言っています。

石が好きなのも植物を好きな理由と似ていて、つまりはエネルギーとして素晴らしいし美しいからなのですが、自分の部屋に飾って眺めたりするだけでは足りずに、とうとうネットショップを始めました。基本的には天然石のビーズを仕入れてブレスレットやペンダントヘッドを作って販売するのですが、石の説明と一緒にリーディング結果も簡単に掲載しています。これは石のバイブレーションを読みとって言葉にしているということです。

よくある石の本には石それぞれの特性や効果などが書かれていて、それも参考にする場合もあるのですが、基本的にはそれぞれの石から私が受け取ったエネルギーを言葉にしようと心がけています。例えば、ローズクォーツは愛の石、恋愛成就に良いなど言われていますが、産地によっても、研磨されているか否かによっても、それが私の手に届くまでの取り扱われ方によってもエネルギーは変わってくると思っていて、今目の前にある石の個性を先入観抜きに読みとりたいと思っています。

そしてそういった天然石を用いたヒーリングも先日習得してきました。まだまだ修練が必要なのでこれからですが、かなりワクワクしながら学びました。

これまでずっとフラワーレメディの販売の仕事をしてきて、今もやっているのですが、植物による癒しに加えて石の癒しにもはまってしまいました笑。

私の作った石のブレスレットを見た知人たちからは、moggyさんの絵から出てきたみたいな色だね。と言われます。私にとっては絵もエネルギーなので、どれも大事でどれも好きです。というかどのツールも補完し合っているような感じなのです。

これからまたいくつか展示の機会もありそうなので、どれもバランス良く楽しみたいと思っています。

石のお店はこちら

店長日記はこちら

 

 

category : ミカヅキモ | コメントをどうぞ

RANDY ART HILLS 2011 vol.05 Animals lounge

RANDY ART HILLS 2011 vol.05
Animals lounge

天野由美子 金丸遥 金丸悠児 杉山治 安岡亜蘭

会期:2011年10月1日(土) – 11月15日(火)
会場:RANDY

〒106-0032 東京都港区六本木1-3-37 ARKHILLS ANNEX
地下鉄 六本木一丁目より徒歩5分/地下鉄 溜池山王より徒歩8分
TEL 03-3568-2888
MON-FRI 11:00~22:30 L.O/SAT 10:00~20:00 L.O/SUN 11:00~20:00 L.O

******************************************************************************************

さて、いつぶりでしょうか。ひさびさmoggyがブログ更新です。

いきなりの告知でしたが、ミカヅキモの相方ハルチンが晴れてC-DEPOTソロデビュー第一弾の展示です。昨日さっそく観てきました。カフェにはたくさんのお客様がいらしたので撮影ができなかったのですが、これまでのハルチンの作品の進化バージョンが見事に形になっておりました。

会場中の壁に点在するあるもの。これらはハルチンが日ごろ愛してやまない動物にちなんだあるもので、この触感を再現するために苦心したようです。でも実に本物のような触感に出来上がっていました。(そう、触ることができるのです。ぜひRANDYにお越しの際は壁のあるものに触ってみてください!)

そしてもう一つ、動物のとあるパーツが巨大なオブジェとなって展示されています。これも良くできていて、理屈抜きの説得力があります。

今回のハルチンの作品を見て、ああ、やっぱりハルチンは立体という形態が好きで、表現手段として合っているんだなぁと思いました。

この展示はアニマルがテーマなので、他の作家たちも動物にちなんだ作品なのですが、どれもおしゃれで趣のあるRANDYの空間に合っていて、カフェから見える風景も含めて全体を味わえます。

ミカヅキモの作品とはまた違ったハルチンワールドと、C-DEPOTメンバーの動物にちなんだユーモアあふれる作品たち、そしてカフェの素敵な雰囲気を味わいにぜひ足を運んでみてください!

 

category : 展示 | コメントをどうぞ

ミカヅキモ展示4会場で開催中!

すでにお知らせしている展示2つ(C-DEPOT2011「gravity」とC-DEPOTサテライト展)に加えて、あと2つ展示開催中です。以下の展示はギャラリーでのグループ展と同時に銀座界隈のショップで展示するという企画です。ミカヅキモはcaffe bar vitaさまにご協力いただきました!

★ART CROSS PROJECT 2011 SUMMER
ヒントの森 in GINZA
2011. 7.18mon~7.23sat

参加アーティスト:
hodo girls、ミカヅキモ、持田 舞、加成 悠、ウチダリナ、相田 有里絵、菅野一剛、玉井佑佳、功刀悠花、田邉結佳、畑 実穂、能瀬俊明、石上暎次、前田 彩、池田拓馬、加藤 立 (順不同)

協力・提供:
ain soph、銀座クロイソス、CAFE634、TRUNK、アナナス銀座店、パストディオ、caffe bar vita、ana-b、GOHAN銀座店、shellman、アルターイン銀座店、GALLERY収納、エドパーラー、椿サロン、jeweler’s atelier TE・TSU・SHI、Pepper’s Gallery (順不同)

協賛: PEPPER’S PROJECT
ビジュアルイメージ: 相田 有里絵
ディレクション・デザイン・制作: 愛須希 / Asuki
主催: アートクロスプロジェクト実行委員会

http://www.artcross.info/

Caffe/bar Vita 

2011.07.14thu~08.07sun

 同プロジェクトサブ会場です。ミカヅキモのみの展示です。カウンターのみのカフェバーです。

11~23時*11~18時までは薬剤師の方がいらっしゃいます。その方の健康状態に応じてサプリメントを処方して頂くことが可能です。

カフェタイムのドリンクは、コーヒーやお酢のドリンクなど。

category : ミカヅキモ | コメントをどうぞ

制作と興味

怒涛の3連続の展示を終え、ほっと一息つきたいところですが、次の展示も控えております。が、ハルチンはウェブのお仕事で忙しく、私も制作費と生活費を稼ぐべくバイトの日々。

さて、私のバイトですが、もう6年以上経つでしょうか・・あまりに居心地の良い職場なので時が経つのも忘れます笑。6年もいるからには居心地の良いこと以外にも理由がありまして、それは私の興味のあることだからです。バッチフラワーレメディ、ってみなさんご存じでしょうか?イギリス発祥の代替医療なのですが、39種類あり、1種類を除いてすべて植物からできている液体です。何に良いのかと言えば、心に作用するものなのです。薬とは違うので説明が難しいところですが、その方の感情によって適したレメディが変わってきます。それを販売するお店で働かせ頂いているわけです。

お店には悩みを持ったお客様がいらっしゃり、お話をうかがって、その方に適したレメディを選びます。私は7、8年くらい前から代替医療に興味を持ち、呼吸法やヒーリングや芸術療法、箱庭療法、ボイスヒーリングにクリスタルヒーリング、ホメオパシーにオステオパシー、キネシオロジー、リバーシングなど、様々なものを体験したり勉強してみたりしてきましたが、自分が制作している抽象画とは全く別物と考えてきました。でもかといって自分は絵で何を表現しているのかを言い表せないもどかしさも抱えていました。

数年考え続けて、これってやっぱり私が興味を持ち続けてきた心や体を癒すことと関係あるなと思ったのでした。とりわけ精神について関心があるのですが、私が好きなアウトサイダーアートもアボリジニアートも精神や無意識と直結しているように感じられるし、アボリジニーたちの言うところのドリーミングという、言葉では説明できない次元にも興味があります。

そしてきっと自分もそういう次元を表現したくて絵を描いているのだなと思ったのでした。結局、抽象画になってしまうのは、エネルギーそのものを描いているからで、エネルギーというものは変化変容していくし、あらゆる情報を含んだものなので言葉にしたら膨大なものになってしまいます。

そんなわけで、私の興味と制作とかなり密接につながっている分野なので、気づいたら6年もいたのかなと思ったのでした笑。

category : 雑記 | コメントをどうぞ

WP SlimStat